近隣への配慮の為に防音室を作る【思いっきり趣味を満喫する為に】

作業員

音は大変気になるもの

男の人

ストレスがなくなる

音というものは非常に生活の中でも重要で、特に夜の就寝時などには非常に音が気になって、夜も眠れません。マンションの隣の人の生活音がうるさかったり、夜になると隣人のいびきがうるさかったり、工事現場の騒音が聞こえてきたリしますよね。他にも、自分が楽器演奏をしたいんだけど住民から苦情が来て演奏できなかったり、夜中に大音量で音楽を流せなかったりしますよね。そのままにしておくと、非常にストレスになりイライラしますので防音工事など、音を遮る必要があります。防音工事といっても工事にもいろいろなものがあって、例えば防音パネル式これは部屋にぺたぺたとパネルを張って音を防ぐ方法です。これには引っ越し先などにも使いまわしが可能ですが、マンションなどの賃貸の場合傷などができてしまった際に費用がかさばる可能性もあります。二つ目は、部屋そのものを防音室にすることで、非常に高い効果を得られることができますが、工事期間や費用などが高めとなっております。この方法はスタジオやカラオケルームなど、部屋そのものを防音室に変えるタイプで、バンドや楽器演奏などをしたい人にはお勧めです。大きく分けてこの二つの方法となりますが、私はいろいろな使い方ができる防音パネル式をお勧めします。防音パネル式には、部分使用が可能なのでマンションの隣人の右の人だけうるさかったりした場合などは費用が安く済みます。また狭い個室などがあれば費用も安くて楽器演奏など、音量がかなり大きくなるような行為も可能となりますので非常に便利です。他にも、自分が音を出す方の人間ならば吸音なども視野に入ってきますが、音を遮るには少し効果が弱いといったところでしょうか。防音工事の利用方法は、電話受付やインターネットで見積もりをしてメールなどでやり取りする方法があります。